chikachanの日記

一期一会を大切に。とあるバツ2のシングルマザー、ちかちゃんの日記です。

ママ納め、妻休み、胃腸休み~3人目について考える~

寒すぎますね。

体感温度1度の中、バスでお出かけしています。

昨日は21時まで四人で過ごし、夜にパパに子どもたちを引き渡しました。

仕事納めの後に海外から一時帰国の級友に会ったパパ。ほろ酔いで荷物受け渡しのために久しぶりにちょっと会ったのですが微妙に機嫌が良かったです。
これから年明けまで6日間預かり子どもと旅行に行ったりゆっくり年越しをするそうです。例年長く預からせてもらってありがとうございます、とメールで言われました。スキーの備品などもぜひ買わせてくださいと。御祝儀までくれそうな勢いだ ( ´⚰︎` )

f:id:evergirl:20181229181301j:image

ほんとそうです。

私は土日だって、年末年始だって、本当はそれなりに普通の家族みたいに子どもと思い出を重ねたいし、実家にも連れていきたいのです。でもそれが叶わなかった。

かといってこっちが絶対一緒に過ごしたいという主張もないので譲歩しているのです。

なので、27日、28日はTちゃんと我が家で忘年会をしました。子どもたちとはニコニコ年末の挨拶をしました。2人ともしっかりちゃっかり両方を楽しんでますよ。

f:id:evergirl:20181229181419j:image

その代わり、普通はママの再婚では得られない新婚気分の年末年始やクリスマス、週末を味合わせてもらっています。旅行に行ったり実家に行ったりと・・・。

 

Tちゃんも今日は旧友と楽しい年に一度の競馬場へ。

私は今年の育児と家事と、Tちゃんの妻(いろいろ話し合ってまだ籍は入れていないけれど実質妻であり婚約者)という役割をお休みの日です。

それから、いつも誰かに合わせて食べるご飯も今日は自分のためだけにお粥にしました。みんなを見送った後は起きたいときに起き、食べたいときに自分が食べたいものを食べ、片づけたいときに片づけ、掃除したいときに掃除し、出かけたいときに出かけ、仕事したいときに仕事をしています。そして明日の朝は自分次第で走ることもできます。Tちゃんは今日は自分ちなので、久しぶりの超独身。

 

夜になりようやく出かけてみるとあまりに外は寒く(東京も体感温度は1度です・・・なめていました)それでも自由な時間が嬉しいです。

f:id:evergirl:20181229193514j:image

実は実は、

ちょっと、悩んでいます。

 

引っ越しや挨拶などなどの事情で結婚は2月になるのですが、本当は1月でもいいと思っています。あまりに一緒にいるからという理由と、少しでもお互いが若いうちに子どもを授かりたいなら、というところ。

 

いや、私はそんなに強くは欲しくないのです。

昨晩はやっぱり想像してしまいました。50歳で10歳の子、60歳でハタチの子。
58歳で進路の相談。一千万はかかる学費。私に務まるだろうか。

今から子どもを授からなければ、あと10年ちょっとで育児は終わる。
教育費も二人の分はパパに負担してもらえる。

私は50で育児を卒業でき、のびのびとやりたいことをやることができる。

その年で三者面談、お弁当作りなど、頑張れるのだろうか。

f:id:evergirl:20181229193520j:image

もちろんほかの人は経験しているでしょう。

でも私の未来予想図にはあまりなかったので、

 まだ見たことのない将来に、少し、びびっています。

 

Tちゃんのことは結婚するほどに好きだし、2人との関係性も良好だけれど、それでも出産というのは自分の収入は途絶えるし、体形は崩れるし、つわりはしんどいし、その後の保育園もお金もかかるし、寝不足になるし、いつも抱っこだし、ものすごく大変だったことだから、お付き合いして2ヵ月ちょっとで同棲、結婚はいいとして、出産、となるとちょっとびびちゃうのです。

そこを決めるなら、早く結婚したいとか思っちゃいます。

と、そこを悩んでもあと45日ほどで私は妻になるのだけれど。

妻になると必ずや子どもを産まないといけないのか、もうちょっと悩ませて。

そんな気持ちになっています。

f:id:evergirl:20181229193557p:image

f:id:evergirl:20181229204640j:image

1人の間にゆっくり、解約の画面を見つけられていなったマッチングアプリwithを解約しました。退会前にちらっと見た感じだと、40代の男性陣はわりとまだメンバーが変わっていなくて、皆さん苦戦されているのだなと感じました。

 

こういう勢いも必要だとはわかるのですが。

 

先日お客様に、この話をすると、

「ちかちゃんもTさんも慎重だからこそちょっとでも早いほうがいいと思えるのでは」と慎重さ=実行力、という話をしてくださりました。

そのことをTちゃんに言うと喜んでいました。

 

なぜ子供が欲しいかというと、やはり本能だそうです。

でも実際に育児を担うのは主に私。おなかの中で育てるのも私。

「約束してよ、絶対一人で育児させないって。入院するかもしれないし、ご飯のにおいだっていやになるし、以前は梨ばかり食べていたんだから・・・ごはんなんて作れなくなるよ、それでもいいの?」などなど。

 

「約束するよ、(2人はもちろんかわいいけれど)ちかちゃんと自分の子どもを育ててみたい」

 

と。実際昨日私が外出していた時にTちゃんは子供たちにオムライスを作って食べさせてくれていたりキッチンをきれいにしてくれたりしていたから大丈夫だとは思うのですが、まだ、どこまで寄りかかっていいのか、完全にはつかめていないのです。

 

やっぱり子供は結婚してから、自分が納得してからできたほうがいいな。

調和性で、「そんなに欲しいなら」と言ってしまう自分がいるけれど。どうなんだろうか。もう少し、できれば半年くらい悩みたい。もちろんちゃんとそう言えば、Tちゃんも分かってくれるし調和はしてくれると思う。でも、今強くそれ(Tちゃんの子どもが欲しい願望)を否定したら果たしてハッピーな結婚になるのだろうか。無邪気に一度きりの人生、自分の子どもが欲しい、育てたいと人間の本能として思う気持ちを否定する権利は私にはやっぱりないと思うし・・・。子どもを授かるのにこの年末年始がなかなかいいタイミングだということも感じています。うう。考えても答えができらないのであとはコウノトリさんかな、と思うのですがならば早く妻になりたい(でもまだ指輪ができていないなども2月にする要因)

同じく調和性があるTちゃんは、じゃあ、いいよ、という。この記事を読んだらなお言うだろう。でもあまりハッキリ水を差したくない。

 

今でも楽しいし、ハッピーだし、安心だけど、新生児が絡んでくるとなると結婚が決まっても、結婚しても何かしら悩みは尽きない。人生ってそんなものなんでしょうね。

 

やっぱり結婚はゴールではなくスタートだと思います。2人で道を作りともに歩んでいく、難しい悩みもともに話し合い、乗り越えていく。
こんなに好きで居心地が良くても不安になる、マリッジブルー。
そんな一人の今日、メルマガを書き始めたいです。

 

Tちゃんと出会ったペアーズはこちらです。女性は無料なのでぜひ登録してみてください。