chikachanの日記

一期一会を大切に。とあるバツ2のシングルマザー、ちかちゃんの日記です。

大盛りいりますか?と聞かれてもねぇ。アラフォー男性の心の声。

 この週末は、すっかりアプリに振り回された(なんて受け身な言い方!)週末でした。いやいや、そんな言い方をしてはいけない。自分の人生は、全て自分が選んだこと。

起きていることはすべて正しいのです。

 

月曜日、朝からスタートダッシュ♪

と思ったら、しばらく会っていなかったランチ友達のYさんから「お昼どうするの~?」と連絡があった。月末の地方からの異動(引っ越し)が落ち着いたみたい。

 

ちょうど「落ち着いたらランチ行こうか」と、連絡しようと思っていたので、じゃあ、今日行こうかとなった。家の前まで車で来てくれる。

 

f:id:evergirl:20180604153807j:image

スイス旅行~ 異動~ と2~3週間会っていなかっただろうか。

その間に、私は48歳さんとか、この週末のやり取りなどが色々あった。

 

そんな話を軽くして、

 

「いやーもうさ、40代の独身男性はさ、なんか結婚に対する目的意識がないよね」っていう話をした。

 

Yさんは、元カノにいない間の家を貸していた。

3LDKの部屋に、いきなりの異動で荷物が2人分になる。冷蔵庫も二台だって。

 

「じゃあ、もう元カノもお年頃なんだから、結婚しちゃえばいいじゃん」(追い出さないで)「楽なんでしょう?」

 

「わたしの願いは世の中の無意味な独身の方を減らすこと。相手がいて、できるなら結婚しちゃえばいいじゃん、って思う」(なんかその方が安心な気がする、ただなんとなく)

 

というと、

 

「そうだなー。結婚するなら異動で帰ってきた今のタイミングだよね。でも、言うならば、『大盛要りません』って感じなんだよね」

 

え?なんで?どういうこと?

 

「一人前で足りているのに、大盛り無料ですとか、ちょっと割引券があります、とか、いらないんだよね・・・」

 

という感覚らしい。

 

「え、でもさ、ご飯と味噌汁しかないところに、生姜焼きがついて定食になるっていう感覚じゃないわけ?なんか足りないみたいな」

 

「違うなー」

 

「でもさ、相手の人もちゃんとお勤めしていて、ローンとかもさ、なんか事故とか働けなくなったときに相手の方に支えてもらえるじゃん。そういうのは?」

 

「そういうときには働かなくていいように、保険入っているんだよねー」

 

え。もう完全にお1人様の設計なんだね。

そうすると、確かに家族は負債でしかないのかも。

子ども欲しいとか、大きな家を買いたいとか、庭でバーベキューしたいとか、共通の目的がないと、特に結婚する意味ないのかもね。。

 

みんなそういう感覚なのねー。

 

「もうさ、そういう40代男に構う時間はないって思うんだよね。いま、家族が欲しいって思う人じゃないと」

 

「じゃ、俺は?」

 

「だから、ランチ友達じゃん。子供いない間にお昼ごはん食べるだけだし。これがこども預けてまで、17時まで遊ぼうとかだったら全然続かないよ。飲みに行っても寝ちゃったし」

 

「そっかー」

 

「そうだよー」

 

そんな関係です。

 

家寄ってダンボール見てく?

ううん、時間ない。写メ見せて。

 

いつも以上に早く切り上がりました(笑)

 

ウダウダしていたら、お仕事溜めちゃってて。

母に家事してほしい。仕事に、家事に、育児に、婚活に忙しい。うーん。

ほんと頑張ります。ペアーズでも、ちょいちょいアラフォーの方から連絡いただくけど、厳選厳選。

 

みんなもう、子どもを諦めていると、=結婚とかどうでもよくなり、都合の良い友達しか求めてないのねー。

 

優先順位をつけて、ほどほどに。

 

※中一日でカレーうどん千吉に行っちゃいました。朝ごはん、抜きました。

そして、サイドメニューやトッピングしまくる私(笑)
私は、愛と安心と、成長できる関係が欲しい(笑)分かりやすっ。野菜が嫌いなYさんのネギをもらって、多かった麺をあげたりと、まあ、兄妹みたいに友達みたいにやってます。家はわりと近いけどお互い家もあるしね。

 

すっかり11時からの歯医者を忘れていた。

iPhoneも教えてくれたし、Yさんもリマインドしてくれた。ええヒトや。

というか余裕があっていいね。今日、明日は引っ越し休暇とのこと。

家事してほしい・・・。

 

昨日タイ料理食べた方に、どういう印象でした?などと感触を伺うと、

 

”思っていたより、物腰が柔らかくて、話しやすかったです”

 

とのこと。思っていたより、とは、写真の印象かな、ラインの印象かな?プロフィールの文面かな~?参考になりました。

 

それから、昨晩は元彼くんの相談にちょっと乗った。ビシバシ答えてしまった…。力が、ついてきた⁈