chikachanの日記

一期一会を大切に。とあるバツ2のシングルマザー、ちかちゃんの日記です。

こういうとき、1人ってやだなあ、と思います。

 今日はちょっと久しぶりにブラックちかちゃん。

 

f:id:evergirl:20181109145715j:image

 

色々あって無線ランルーターを再接続することになって、それがなかなかうまくいかなくって、すごくイライラしました。

 

結婚していた時は、2回とも旦那さんがやってくれました。すごく嬉しかったです。いわゆる電球を取り換えてもらえる的な。
でも離婚して一度自分で引っ越したときは、自分自身でしました。別居したときも。それ以来です。家具とかも、IKEAとかで買ってそういうのを独身の時はまあ自分で組み立てるとして、結婚していた時も自分で組み立てていました。それは余談ですが無線ラン以外はあまり家事面では頼れなかったな。

 

うまく言えないけど、私が嫌いなものに無線ランがあります。

毎月4000円とか払っていて、好きな人と一緒に住んだらお互いにそのコストが抑えられるのにって思っちゃう。

 

私は、今で言えばTさんと一緒に住めば、設定はやってもらえるし、金額は半額でいいし、いいこと尽くし。でもTさんはまだそうは思わない。
昼間にラインをして、無線ランでいっぱいいっぱいで「早く一緒に住んでくれたらいいのに」みたいにゆって「頑張ってー!」みたいに流されて、そこからイライラしてます。

 

あと、部屋の天井がかびて困ってることとか。

業者さんに来てもらったけど全然分からない。頑張って対応して考えて、疲れちゃった。

 

課題の分離で家庭も違うし、家計も違うし、住む家も違うし、そりゃそうだよね、ってTさんの考え方は私にだってもちろん理解できます。 そもそも急にルーターを変えることになったのも私の独断だし。そんなことで当たられたって知ったこっちゃないっていう気持ちも頭では分かっています。

 

でも、こっちは限られた時間で仕事したくて、そういう生活上のめんどくさいことをちょっとでも半分にできたらって儚くも期待しちゃうんです。

家事だって3倍、ご飯も3倍。でもお付き合いは1:1.

 

恋人としては好きだけど、私が本当の意味での独身だったら公平だってわかるけど。

例えば、日常のちょっとしたことを手伝ってもらえたりしたらとても嬉しいんです。手伝うよっていう言葉がなくってそれがちょっと悲しかったりします。

 

これは1つの例で。

 

嬉しいことや難しいこと、悲しいことなど色んな事を抱え込んでいるときに、ともかく一人で抱えると悲しくなります。

 

幸い一人で立ち上げたお仕事も皆さんに手伝ってもらっているし、声はかけてもらっているし、ストレスは減らすようにしているし、無線ランのこともアドバイスをもらったし、力をお借りしているけれど。一番身近な人にそういう風に流されるとちょっと悲しい。

 

頼れないなら、やっぱり一人で頑張ろうって思っちゃった。

 

もちろんこのことだけじゃないんです。
お正月や子どもが休みのお休みの日に、ひとりで育児をしないとと言っている私にTさんは「じゃあ会えないね、しょうがないね」という。頭じゃわかっている、まだ会うには早いということを。

 

でも、心は寂しいんです。

 

そんな私も受け容れて好いて欲しい。一緒にいてほしい。

私はそう思っているんです。

 

まー簡単に言えば甘えで、キャパオーバーになっている自分が悪いんです。こういうときは当たらないで大人しく寝た方がいいんだと思います。お仕事、明日にしようかな。昨日からこんなところでちょっとたまに泣けてます。

 

相手がいなければこんな期待もしないし1人で頑張ろうって思うだろうに。
期待されて勝手に悲しまれて、ごめんね。それだけ期待しているんだ。

 

他にもシングルマザーで辛いことシリーズ思い出したら書いてみます。

 

逆なことを言うと、そりゃ一人って楽だよ、ご飯も結婚しているときよりも大人ひとり分のこと考えなくていいし、シングルマザーで週末に会う彼氏がいるだけっていうのがむしろいいっていう考え方があるということも。

ストレスが少ないともいえるかもしれない。でもそういう些細なことを苦手だったり嬉しかったりすることを分かち合える楽しさはやはり相手がいてこそだと思うんです。

 

どっちもどっちだけどトータルとして、私は独身も既婚も経験しているけど、誰かと一緒に住んでいく道を選びたい。

 

最近ネタが無いなあと思ってたけどネタが出来て良かった、泣いたけど。発散、大事。だから書く。

 

Tちゃんに話しました。

ふぅ、スッキリしました(´×ω×`)