chikachanの日記

一期一会を大切に。とあるバツ2のシングルマザー、ちかちゃんの日記です。

ウチのダンナと貧乏神

ランニング途中のコメダ。

 

f:id:evergirl:20181011132853j:image

 

(ジェリコ。ランニングのモチベーションあげるため、クリーム残し)

 

ブログを書く気はなかったけど隣席、隣町のおばちゃんたちが、"うちのダンナの靴がさ〜"、"お姑さんがさあ"と、だべってる。それで胸がワサワサした。

 

当たり前の幸せが羨ましいなあ、と思った。

2回結婚したけど、"うちのダンナ"っていう関係性ではなかったよなあ。なんか"うちの主人"より、対等な感じでいいね。昨日のご飯会でも同じことを思ったなあ。私のトリガーみたいです。やっぱり私は結婚したいんだね。

 

(朽ちてくものと時を過ごすことや一緒に想い出を重ね歳をとること)

 

座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋

 

今日はこの本を読んで、さらにさらに片づけてスッキリさせようと思いました。

 

伊藤ゆうじさんの本は、最近3冊イッキ読みしたけど、1番よかった。ありそうでなかった内容でした。

 

内容は、

 

ざっくり言うと、自己啓発セミナーにばかり投資するけど、職場や夫、部屋を大切にしないアラサー女性が部屋を片付け、掃除することで運気が良くなり支出が減り夫婦仲が良くなるというものでした。

 

その先に見えた幸せの形が私が求めてるもので、いいなあ、と思いました。ほんとは1億円稼ぎたい訳じゃなくてその先にある自己肯定感とかの幸せが欲しいんだよね⤴︎ ⤴︎

 

うちのダンナ、と言える人が羨ましい。

ぺちゃくちゃヤイヤイしてるんだろうな。

 

本には、自分に素直になりなさいともありました。

私も相手も理屈っぽい恋愛をしがちなので、もっと直感に従いたいなあ。

 

うささんは、また再来週の予定や電話のことを詰めたら貝になりました 苦笑

先の予定や電話は無理な持病を持っている人、と認識しなおさないといけないのかも。歩み寄りが大事とはいえ、人も40になるとなかなか変わりませんね。寂しい思いをさせてることに対し、謝られたこと、ほとんどない気がするなあ。

 

目の前にいればヤイヤイ言ったりおかずで機嫌とったり嫌がらせしたり 笑 できるのにね。

 

そんなもの、自分は欲しかったんだ、と驚いた。基本的には"うちのダンナ"話になる集まりは最近避けていたから。でも楽しいだろうなあ〜。

 

イメージして走ってみよう(^^)

帰ったら、思いっきり掃除しよう。

そして今日こそメルマガの工事をしたい。

 

ちょっと今日は曇りだし、センチメンタルで泣きそうです。でも、素直な気持ちに気づけてよかった。