chikachanの日記

一期一会を大切に。とあるバツ2のシングルマザー、ちかちゃんの日記です。

東京生まれの人が初めてに近く焼くたこ焼き ~BRUNOコンパクトホットプレート~

こんばんは。

私はサイトを通じた婚活をする前は、元夫含め、関西人の方とお付き合いすることが多かったです。自分にないもの、自分が知らないことを知っている感じがして、なんだか惹かれていたようです。

 

最近はプロフィールで関西出身と分かる方はむしろ最初の段階でちょっと避けていて、東の方の方が続いています。やっぱりお付き合いしたり結婚したりしても、価値観の違いってあるなーとか思ったりしたりして。(お友達は別です!夫婦としてはってことです)元夫にも出汁のこととか言われましたね・・・。

 

そんな私が今日は家でたこ焼きに挑戦しました!

f:id:evergirl:20181009200819j:image

 

よく言う、「やっぱりタコ焼き機、家にあるんですか?」みたいな会話でだいたい関西人の方は期待を裏切らないですよね。

東京育ちのうちは、家でたこ焼きをするという文化がありませんでした。

 

f:id:evergirl:20181009200825j:image

 

結婚していた時、パパがたこ焼き機を買ってきて、たこ焼きやらオムライスやらを作ってくれたことがあります(別居話が出ているとき・・・)元カレMっきーもたこ焼き機を持ち込んでくれて置いていったけど焼かなかったんだった。(でお客様にあげた)

 

今回、そろそろたこ焼きを家で食べたいなーでも、パパも招待してくれないし、やっぱり誰かに期待するよりも、もう自力でやるか―、と、遅ればせながらブルーのホットプレートを買ってみました。上手にうまく作ることができたし、楽しかったですー。たこ焼き機を買わないあたりは私の微妙なこだわりですが・・・。ピックとかも結局買いなおしちゃった。

 

ちょっと、自分がお父さんになれた気がしました。

大人の階段を上った気持ちです。

具材は、ネギ・タコ・チーズ・しらすを入れました。

 

 

ソースは普通にオタフクソースにしましたが、明石焼き風の出汁も気になります♪

(関西風にまだ抵抗したい私・・・)

 

うささんとは、今度アヒージョやろうね!と話しています。

 

これが発売したばかりのときは子供が小さくて。

Martでよくホームパーティをしている絵を見て、「アヒージョなんてやらないよ、ぷんっ」なんていじけていたのですが、子どもたちも大きくなったし今からなら楽しめそうです。時は経つんですね。