chikachanの日記

一期一会を大切に。とあるバツ2のシングルマザー、ちかちゃんの日記です。

15年前 最初の結婚について、思い出した

Kindleを出した時に、"あれ?最初の結婚については書かないの?あまりないんだね"と言われました。

わりと皆さん気になるみたい。

 

f:id:evergirl:20180810100220j:image

 

15年前で、1年です。子どももいなく、すっかり忘れていました。

 

ですが、昨日omiaiで知り合った41歳、未婚の方と電話で90分お話をしていて、"詐称はやだよね"という話から、その人にカミングアウトしたのと、同じ千葉出身だっため、ふと思い出しました。

 

"25歳で結婚?早くない?"

 

はい、社会人4年目で。同い年同士で。

確かに、今思うとそうですよね。

おままごと婚みたいです。

 

なぜかということは少し本にも書いたのですが。

 

あのときが実家を出る最初の機会でした(以来帰ってません)

初めて部屋を借りる、家を出て2人で暮らす。職場に通う。趣味の仲間はたくさんいる。

 

若い夫婦は初めてばかり。

 

仲良くしようと家にバーセットみたいなものを揃えてみたり、ホームパーティをしてみたり、クイーンベッドを買ってみたり。スーパーで食材を買ったり、口座を作ったり。馴染みの店ができたり。頑張りました。慣れない炊事に主婦湿疹もできました。

 

その時買った液晶テレビはまだ家にあります。

冷蔵庫も長く使いました。

 

離婚届は2人で出しに行きました。何かあったら連絡しようね、と言っていたけれども、結局その後ほとんど連絡を取ることはなく、今どこで何をしている日はFacebookでチラッと見ただけです。

 

同棲とその解消みたいなものでした。

 

だから二回目は、子どもがいなければ2人の人生に絶対なんてない、若いならなおさら、と学び、子どもができたのがきっかけで再婚しました。

 

気にする人もいたけど、再婚したパパからはなーんにも1度目の結婚について聞かれませんでした。(人に興味がなかった?)

 

結婚式もしないまま(キャンセルした 涙)だったため、結婚式も2回目が初めてです。本人同士に加え、親もややトラブルを引き起こしました。公務員の親でした。反動から、パパは親と絶縁していたからちょうどいい、と思いました。寝室別部屋も、まあいいか、とか、2回目は理想が下がりました。

 

半年くらいは仲良くしました。

背も同じくらいの人でした。

派遣で渋谷のNHKの国際報道部にいて、また留学したい、海外で仕事したい、という夢を持っていて。

落ち着くことがつまらなくなったようでした。給料は私の方が安定していた分高く、いつか逆転するかな、なんて期待したり。(適当だ…)

 

両親は英語教師で、長男。1年留学し、TOEIC990が誇りでした。まだまだこれからという息子が家から離れ、お父さんが鬱になっちゃい、本人も乱れた。このとき、"あなたって意外に普通の日本人だね、僕は半分くらい英語で物事を考えたい"みたいに言われ、ああ、無理だ、と思ったり。

 

家庭が崩れることから、私も自分に力をつけようと、転職。離婚して、会社の近くに引越し。女性に関わる仕事に邁進し、とてもいい経験を詰めました。

 

それから疎遠です。

 

色々、学びました。

 

もう、15年も前。

 

戸籍も何度変わったから、言わなければ私がバツ2だとはわからない。でも一応初対面ではいつも話しています。

 

 

明日からは夏休み。

 

勇気を持って、また初対面頑張ります。

いや、頑張らなくていい。会ってみて、落ち着くかどうか。昨日は電話で90分話しました。

 

その話がきっかけで、

 

ああ、若い頃の私も色々と頑張ったなあ、と思い出したから、それだけでも感謝です。

 

あのときがあり、次があり、今がある。

 

人生、まだまだ 笑

 

バツ2は珍しくなくなってきていると思います。

 

ちなみに実印は、17の時に中国で下の名前で作ったから、変える必要がありません。これ、おすすめ。