chikachanの日記

一期一会を大切に。とあるバツ2のシングルマザー、ちかちゃんの日記です。

生涯未婚率が上がっている今、私ができること

本日4本目です。 

※出典元不明、ごめんなさい!!見つけたら教えてください。

 

こんばんは。


わりと時間が経っちゃいましたが、勝間和代さんのカミングアウトの勇気や葛藤を見てきて、

 

私が声を大にして言いたいことは何だろう、やりたいことはなんだろう。ということが胸いっぱいに膨らんできたので、文章にまとめました(長文注意ですよ~)

 

私の(今年の)夢は、

 

「(寂しい気持ちがあるのなら)パートナー探しを諦めたくないし、周りの人(日本中の人)にも諦めないでほしい」

 

ということです。

 

婚活してます、相手を探していますって、若い世代ならば友達とかに言えるけど、いい大人になるとなかなか周りに言えないですよね。

周りに言えない=影響の輪が広がらない。やっている人を知らない=分からない。
うまくいった例を知らない=理解不能。失敗続き=自分には無理かもと諦めてしまう。

 

私が2度目の離婚をしたときは、子連れ別居からの離婚で、それからの生活が不安で不安でしょうがありませんでした。


でも、悩んでいるときに友人が、「私の友達にそういう人がいるから話を聞いてみたら?」と引き合わせてくれました。その人や、子連れ再婚をした人に根掘り葉掘り聞かせてもらいました。二次、三次の繋がりです。
そういう人やプロの話を聞いたからこそ、勇気を出して別居したり離婚したりできました。

 

今、人生が100年時代に入っていると知りました。

 

2回結婚し、離婚した私は、結婚の良いところも辛い面も知っています。
この人だ、と思ったパートナーと、合わなくなることがあることも、受け容れています。

 

詳しくは、今年二月に出版した、

 

 
にも書いています。この本を書いたこと自体が、10月にレズビアンバーに行き、11月にLGBTセミナーを受け、増原さんの『レズビアン的結婚生活 』

 

レズビアン的結婚生活

レズビアン的結婚生活

 

 

や、

女どうしで子どもを産むことにしました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

女どうしで子どもを産むことにしました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

 

 

を読んだことに触発されたとも思います。

 

知らないことは分からない。聞いたり読んだり学んだりして知ってみると、「そうなんだ」と理解ができる。

 

だったら、再(再)婚活真っ最中の私が、その体験やそこから得た気付き、そして願わくば成功談(失敗談も)をシェアするのは使命じゃないか、くらいに思って本やこのブログを書いています。

 

だって、私は10年前、29歳の時にネット婚活をして、結婚をし、今の大事な二人の子供を授かりました。
だから離婚したけれど、何も後悔はしていません。幸せな結婚だったとすら言えるでしょう。

 

いま、この表にあるように日本では著しい勢いで未婚率が上がっています。

 

このブログでもかなり嘆いていますが・・・結婚できない、興味がない人が多いのです。

 

私が20代の時に先輩に言われて、「とりあえず一回結婚してみなよ、失敗してもやり直しがきくから」と言われてそれを素直に受け止めたように。

 

興味があるけれど婚活や結婚を試したことない方には婚活や自分磨きを試してみてほしいです。

 

色んな人と出会うことで、自分が何を大切にしていて、どういう人を求めているのか。分かるから。

そして、自分磨きの重要性にも気づけるから。支えがあることの多幸感を味わえるから。

 

だから私は39歳の今、再再婚活をしています。3×になったっていい、先立たれてもいい、10年でも20年でも一緒に寄り添える人がいたら楽しいと思うから。

そういうことを、たくさんたくさん伝えたいと、ブログを書いたり、本を書いたり、セミナーを開いたりしています。
この数字、どう思います?

 

この投稿を書く気持ちになったのは、

 

パートナーの良いとこ自慢をしよう〜!!

というグループに、ひっそりと混ぜてもらっていたころからでした。

 

公には言えなくても、幸せになりたい、今付き合っている人とのことを言いたい、褒めたい、そんな風に思い、入れてもらったのです。

 

そこから少しずつ自己開示できるようになりました。

 

本にも書いたJくん(今もよい友達です)との出会い、そこから勇気をもらい、本にもすることができました。

 

そして、ブログを開設することで、

 

皆さんからも「婚活頑張っているね、応援しているよ!」という声をたくさんいただいたり、はてなの読者の方からもスターをいただいたり♪

 

「友達にもサイトやりなよって勧めているんだよ、登録手伝ってあげちゃったんだから」

 

っていう友達がいたり、

 

励まし合う仲間ができたり、(これもほんと!男女問わず)、お客さんや周りの方に本を勧めてくださったりして、二次、三次の影響の輪が広がっています。

 

公開して、損をしたことはありません!!!!!

むしろ、自分自身も楽しいし(今は、絶対結婚したいというよりも、むしろ婚活のトライ&エラー&FUNを皆さんに伝えるネタくらいに思っちゃったりしています)影響の輪が広がることが嬉しいのです。

 

そして、今は、

「メルカリっていいよぉ~」っていうくらいの勢いで、

「婚活っていいよぉ~」って言えています。

(ま、ご存知のように一喜一憂ばかりですけど♪)

 

そして現代女性と男性の未婚率の可能性などについても分析しちゃったりしています。
このままだとどんどんおひとり様は増えるし、少子化も加速する。婚活業界が活性化しているように、私も友達目線でみんなに伝えたいのです。

 

そこで、友達の力を借りて講座もします。

 

元銀座No.1ホステスの恋愛・婚活講座

www.chikachan.site


この数字が示す、社会の課題を解決したいのです。(もちろんパートナーがLGBTでもいいと思いますし、入籍という形にとらわれる必要もないと思っています)

この件に関してたくさん話したいことがあります。

 

今は40代未婚者の方の1年あたりの結婚率は、なんと年に1%なんです。
これは、不妊治療並みの確率です。

こーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんなに男女がいるのに、マッチングがうまくいかなかったり、こだわりが多すぎて、ご縁が結びつかないのです。サイトを見ていても、もったいないほどたーーーーーーーーーーくさん男性がいます。

 

ほんと、悲しい。皆婚活しているのに出会えないなんて。

 

そういう人たちは、写真が悪かったり、積極性が足りなかったり、体型管理が下手だったり、プロフィール文章が下手だったりします。

ほんのちょっとしたことで、女性から削除されてしまうのです。

私といえば、SNS、ってくらいですから、ほんとこういうこと、聞いて欲しいです(苦笑)

もっとみんなが上手にアプリを活用して、出会いを増やせたらいいなと思います。

いま、日本では、インターネットを利用した結婚率は10%です。

アメリカでは、20%だそうです。


それから、甲賀さんは、そうはいってももっと自然なパーティとかサークルとかのゆるい出会いも大切だと言っています。
だからじゃないけど、(ただ仲間と飲みたいだけですが)今、飲み会も企画しています。


他人事、じゃなくて、せっかくだからびびっときたはぜひ婚活に興味を持ってみてください。

 

メールの件、デートの件、お付き合いの件、別れた件、いい友達になった件など、本を書いた2月以降も5~6人のケースをこのブログに書いています。

 

そういうことをこれからもどんどん書いていくし、勇気を周りに与えること(なんか表現が下手・・・上からではないです)が今年の私の夢です。
ぜひ、応援してください💙

 

この数字を、改善したいです。
まずはお友達から。そして読者の方。そして、二次、三次へと。

 

それから、

 

シングルマザーだからとか、
アラフォーだからとか、
アラフィフだからとか、
アラカンだからとか、

 

そういうのも、なくしたいです。

 

今の自分に合う人はきっといるはずだから!!

 

サイト、77歳の方から足跡とかついてましたもん♪

 

人生100年、お相手がいるときもあればいない時もある。そんな気持ちでいいんじゃないかな~なんて思うこの頃です。

 

この思い、皆さんに伝わりますように。

思っているだけでは伝わらないので、まずはここに書くことから。

 

10年後には婚活おせっかいおばちゃんになりたいです。

それが、私の夢です。

 

近い夢では近いうちにたくさんの方のお悩みを受けたいな。

そのためには、まずは自分が幸せにならないと、と日々頑張っています。

 

まず一つ目の夢の実現がこのブログであり、こちらの講座。

www.chikachan.site