chikachanの日記

一期一会を大切に。とあるバツ2のシングルマザー、ちかちゃんの日記です。

奇想天外

奇想天外

昨日はお仕事前に奇想天外な話が湧きました。
あまりに奇想天外すぎて、受け止められず、話が右から左に流れていきます。


奇想天外って、滅多にないけど、今の自分の心境を表すのに、良いことば

わたしは慎重な方だから、落ち込まないように相手に過度な期待はしないしている。でもわりと、人を信じやすい。

たくさんの人に会ってきて、一つ一つの言葉は流れるものでしかなく、数ヶ月後にその話なんて忘れてた、なんていうのもザラ。

ただ、そのターンが早すぎると、たまに追いつけなくなる。自分と他人は違うから、予測がつかないことも。

 

f:id:evergirl:20180307084334j:image


だから、主体性は大事だし、自分の軸を持つことも大事。

あなた色に染まります」

って、とっても危険だと思わない?
会社でも、家庭でも、仕事でも。

2人は違う人間なのだから、ということを常々知っておきたい。

あとは、周期かな。
良い時もあれば悪い時もある。
怪我をすれば治るし、経験済みの痛みも、乗り越え方が上手になっていくはず。

緩やかに、凸凹しながら、少しずつ自分の人生が右肩上がりになればいいと思う。

絶対なんてない。ちょっとアレレ、ということがあってもつまずいちゃっただけ。大怪我じゃないだけ良くない?

大怪我をしたらしたで、回復期間が長くかかるだけで、それも大した問題じゃない。

擦り傷も嫌、切り傷も嫌、そんな自分にはなりたくないし、子どもにもたくさんの挑戦と挫折を繰り返してほしい。

「ちかちゃんは、いろいろあったけど、軸はそれずにいい人生だったね」

そう言われて、死にたい。

「90年、何も変わらず子どもみたいなまま逝っちゃったね」

そんな風なのは、ちょっと思い描く姿と違うかな。

そのあたり、ライフシフトの本、七つの習慣の本を読んだことなどが役に立ってるかな。

自分の子どもが子どもである期間だけは別。
ある程度社会の不必要な荒波は避けて、安心安全に育ってほしい。それがわたしのこの10年のライフワークであることは間違いない。

とりあえず、今晩は豆ごはん。

 

急な話は、受け容れることもまずは難しいから、受け流す。

言葉は硬くても、自分の受け止め方は自由だから、受け流す。

柔道の受け身も、こんな風に生まれたのかな。

 

相撲取りのように、他人に振り回されるのは、もうかんべん。人格を分けていて、良かったと思う。

 

はてなスマホからテキスト、打ちやすいですね。リンクの挿入とかはめんどくさいのかな?